斜的観測

ななめ45度からのゆるいつっこみ

自分ってお酒が飲めないかも?って思ったら「アルコール体質試験パッチ」で測定してみよう

どーもMコバです。

みなさん飲み会行ってますか?

わたしはお酒を飲むのが好きなんですけど、ついつい飲みすぎてしまって、二日酔いになることが多いんですよね。

つい先日も、翌日のお昼どきに急に気分が悪くなってしまうことがあって。。。

二日目にお酒が残るのは、アルコールを分解する力が無くて、お酒が弱いんじゃないかなと思いまして。

そこで、アルコール体質を調べるパッチを買って試してみました。簡易的ではありますが、簡単に調べられるので、おすすめですよ〜。

お酒が弱い人は、飲み会に無理やり連れて行かれないように、試験パッチでテストして、自分はお酒が飲めないっていう証拠をつきつけてやりましょうw

20才になって、お酒解禁になったときにも、事前にチェックしておけば、自分の体質を知れて、急性アルコール中毒になることを避けれるかもしれませんね。

アルコール体質試験パッチとは

皮膚の色の変化で、あなたが飲める体質かどうかをチェック!
自分の体質を知ることで、アルコールライフを楽しめ、より健康的な生活が心がけられます。

ライフケア技研株式会社|製品案内

ライフケア技研という会社が販売していて、20分シールを腕に貼るだけで、簡易チェックできます。便利ですね〜。

 

アルコール体質試験パッチ内容物

パッチシールが3枚と説明書。3枚入っているので、家族や友達と試してみましょう。

アルコール体質遺伝子型は3種類に分かれます。

  • DD型(日本人割合5〜10%)全く飲めない
  • ND型(日本人割合40〜45%)お酒が弱い
  • NN型(日本人割合50〜〜55%)お酒が強い

注意が必要なのは、お酒が弱いND型は訓練すれば、飲めるようになるようですが、日本人の半数を占めるNN型は訓練しても飲めるようにはならないようです。

NN型のひとが、お酒を一気飲みをして急性アルコール中毒になるケースがあるようなので、パッチシールで事前にチェックしておきましょう。

 

実際に試してみた

 少し貼る位置が肘に寄りすぎましたが、腕の内側に貼ります。

右側半分の透明な部分に薬剤が塗布されていて、ここが赤く反応します。

左半分が判定例になっているので、反応した肌色をチェックします。

 

20分経過後〜

無反応w

酒強いんかいっw

20分経過しても反応が出ない場合は、もう少し置いてみたほうがいいみたいです。

 

貼り直して、更に15分ほど置いてみました。。。

無反応ww

酒強いんかいっww(2回目)

 

まとめ

お酒が強いという反応 結果でしたが、今後は二日酔いしない程度で楽しみたいと思います。(ただし、酒豪アピールはしていきますw)

お酒が全く飲めない人でも試してみましたが、パッチの反応では弱いと反応が出ていました。シールを全部剥がすと、薬剤が塗布されていない箇所も赤く反応していたので、シールにも弱いみたいですw

まあ、これはあくまでも簡易テストなので、楽しみながらやってみましょう。

 

開発元のライフケア技研はセルフメディケーションに力をいれていて、こういった機能性パッチでは多くの特許を持っているようです。

例えば、深く睡眠できているか判定する安眠チェッカーや、自分の肌状態を調べれる皮膚水分チェッカー、生え際の皮脂量を調べれる頭皮脂チェッカーなんてのもあるみたいです。

発汗チェッカーていうのは水分補給タイミングをみるためのものらしいです。

以上、自分ってお酒が飲めないかも?って思ったら「アルコール体質試験パッチ」で測定してみようでした。